archives

過去のトピックス・案内

  • 平成29年度機械の日公開講座「おもしろ無重力体験」を、8月29日に開催しました。
  • 九州デジタルエンジニアリング研究会鹿児島セミナーを開催しました。 [2017.6.30]
  • 平成28年度 学生と若手技術者との交流会を開催しました。[2017.3.9]
  • 村越准教授日本機械学会バイオエンジニアリング部門瀬口賞を受賞しました。[2017.1.19]
  • 余教授が、平成28年度「科研費」審査委員として表彰され、表彰状贈呈式が学長室において執り行われました。[2016.12.2]
  • 11/16(水)にパシフィコ横浜にて開催された「ETロボコン2016チャンピオンシップ大会(全国大会)」デベロッパー部門アドバンストクラスの競技で、熊澤研究室のメンバーが「4位入賞」しました。[2016.11.30]
  • 9/24(土)に開催された「ETロボコン2016九州南地区大会」において、熊澤研究室のチームがディベロッパー部門アドバンストクラスで「総合優勝」し、チャンピオンシップ(全国大会)に地区代表として出場することになりました。 [2016.9.27]
  • 平成28年度機械の日公開講座「路面電車整備見学会」を、8月22日に開催しました。
  • 田口茂樹さん(足立研究室)が、金属・鉄鋼協会九州支部講演大会で、ポスターセッション54件中1件最優秀賞、6件優秀賞に対して優秀賞を受賞しました。[2016.6.13]
  • 大高助教日本マリンエンジニアリング学会奨励賞およびロイドレジスター奨励賞を受賞しました。[2016.05.30]
  • 福原太輔さん(片野田研究室)が、日本機械学会九州学生会第47回卒業研究発表講演会で、優秀講演賞を受賞しました。[2016.3.28]
  • 前田義和技術専門職員が日本金属学会 第47回研究技術功労賞を受賞しました。[2016.3.28]
  • 平成27年度 学生と若手技術者との交流会を開催[2016.3.11]
  • 佐藤准教授日本陽電子科学会奨励賞(金属中の照射損傷研究と京都大学研究用原子炉を用いた陽電子ビームラインの開発)を受賞しました。[2016.02.29]
  • 城島龍一郎さん(駒崎研究室)が、日本材料学会九州支部第2回学術講演会で、Young Researcher Award 2015を受賞しました。[2016.1.28]
  • 石居雅寛さんと、千布匠さん(近藤研究室)が、精密工学会九州支部飯塚地方講演会で、ベストプレゼンテーション賞Jを受賞(若手会員対象)しました。[2016.1.28]
  • 余准教授林准教授が2015 IEEE International Conference on Robotics and Biomimeticsで、T.J. Tarn Best Paper in Robotics Award Finalistを受賞しました。[2015.12.25]
  • 奥野晃弘さん(足立・定松研究室)が、日本顕微鏡学会九州支部 優秀発表賞を受賞しました。[2015.12.25]
  • 11/18(水)にJASA主催で開催された「ETロボコン2015チャンピオンシップ大会(全国大会)」デベロッパー部門アドバンストクラスの競技で、熊澤研究室のメンバーが「4位入賞」しました。
    12/5,6(土日)に開催された「かごしまITフェスタ杯」でも「優勝」および「3位入賞」しました。 [2015.12.15]
  • 木下教授の研究グループが国際会議で優秀ポスター賞を受賞しました。[2015.12.14]
  • JASAの主催するETロボコン九州南地区大会で熊澤研究室のメンバーが「総合優勝」し、チャンピオンシップ大会(全国大会)選抜チームに選出されました。同時に、「九州経済産業局長賞」も受賞しました。[2015.10.02]
  • 松葉正寛さん(足立・定松研究室)が、日本鉄鋼協会H27秋季講演大会学生ポスターセッション努力賞を受賞(上位30%)しました。[2015.09.24]
  • 余研究室が開発した片麻痺前腕回内回外運動回復訓練装置につきまして、共同研究先の安川電機が先月27日にニュースリリースされました。同日日経電子版なども掲載しました。[2015.09.24]
  • 平成27年度機械の日公開講座「ものづくりにチャレンジ」を、8月7日に開催しました。
  • 谷口康太郎さん(余研究室)が、The 9th ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME2015) でBest Student Awardを受賞しました。また、3月には、2015 IEEE International Conference on Mechatronics, ICM2015Rehabilitation MechatronicsセッションにてBest paper in sessionも受賞しました。[2015.06.25]
  • 足立教授が主査の鉄鋼インフォマティクス研究会が6/9閣議決定された経済産業省ものづくり白書に掲載されしました。[2015.06.25]
  • 余准教授の論文が6000回ダウンロードを達成。[2015.05.27]
  • 松崎教授日本機械学会東海支部賞研究賞(ATロックアップクラッチ部で発生するシャダー現象とその防止対策に関する研究)を受賞しました。[2015.04.22]
  • 平成26年度 学生と若手技術者との交流会を開催[2015.3.10]
  • 田畑亮さん(足立・定松研究室)が、第78回(平成26年度秋季)日本熱処理技術協会講演大会で研究発表最優秀賞受賞しました。[2014.12.01]
  • 余准教授「2014 IEEE International Conference on Information and Automation, Best Paper in Automation Award」を受賞しました。
     また、2013年8月に「2013 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation, Best Paper Finalist」、2012年12月に「第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会SI2012 優秀講演賞」「2012 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, Best Conference Paper Finalist」を受賞しました。[2014.08.28]
  • 平成26年度機械の日公開講座「ものづくりにチャレンジ」を、8月8日に開催します。[台風11号接近のため、安全を考慮し中止とさせていただきました。]
  • 機械工学キャリアデザイン特別講演を開催[2014.6.10]
  • 定松助教日本金属学会金属組織写真奨励賞(透過電子顕微鏡部門)を受賞しました。[2014.04.30]
  • 増田雄太さん(足立・定松研究室)第167回日本鉄鋼協会春季講演大会学生ポスターセッションでポスター努力賞を受賞しました。[2014.04.02]
  • 平成25年度 学生と若手技術者との交流会を開催[2014.1.29]
  • 足立教授提案の研究会「鉄鋼インフォマティクス」日本鉄鋼協会で採択されました。[2013.12.2]
  • 奥津智恵さんと田畑亮さん(足立・定松研究室)日本鉄鋼協会秋季講演大会学生ポスターセッションでポスター努力賞を受賞しました。[2013.09.24]
  • 池田教授「2012年日本機械学会計算力学部門業績賞」を受賞しました。[2013.08.23]
  • 平成25年度機械の日公開講座「ものづくりにチャレンジ」を開催[2013.8.9]
  • 炭素繊維材料に関する特別講演会を開催[2013.7.17]
  • 機械工学キャリアデザイン特別講演を開催[2013.7.9,2013.7.16]
  • 奥津智恵さん(足立研究室)優秀ポスター賞を受賞[2013.06.10]
  • 一般の方へに、機械工学科のパンフレットを掲載しました。[2013.4.26]
  • 鹿児島大学第五回構造材料学談話会を開催[2013.4.25]
  • 4年生の増田雄太君が学長表彰受けました。[2013.2.20]
  • 会社見学 − 自動車設計・開発の現場を覗いてみよう! −を開催[2013.1.14]
  • 平成24年度 学生と若手技術者との交流会を開催[2013.1.9]
  • 鹿児島大学第四回構造材料学談話会を開催[2012.12.17]
  • 増田雄太君(足立研究室)国際会議でBest poster awardを受賞[2012.11.13]
  • 鹿児島大学第三回構造材料学談話会を開催[2012.11.2]
  • 平成24年度機械の日公開講座「ものづくり体験 」を開催[2012.8.10]
  • 鹿児島大学構造材料学談話会第2回講演会を開催[2012.7.31]
  • 鹿児島大学H24先端ロボティクス講演会を開催[2012.7.13]
  • 片野田准教授ASM International2011年年間最優秀レビュー論文賞と日本溶射学会2012年度論文賞を受賞[2012.06.20]

  • 片野田准教授らの研究グループが秒速1,000メートルの高速度粒子によるコーティング技術を開発[2012.06.18]



  • ページトップへ△
    鹿児島大学ホームページへ 鹿児島大学大学院理工学研究科ホームページへ