機械工学科の教育目的と教育目標

教育目的

 鹿児島大学の使命は、『真理を愛し、高い倫理観と芸術性を備え、怯儒を排して自ら困難に挑戦する人格を育成し、学術と学芸のあらゆる分野で新たな時代にふさわしい体系と枠組みを創出することによって、また、国際的視点を堅持しつつ地域社会に密着しその発展に貢献することを通じて、学術文化向上への寄与はもとより、基本的人権ならびに自由と自主の尊重、人頼の福祉と連帯、国際理解と寛容、世界平如および地球環境の保全に留意した維持可能でかつ公正な社会の発展に寄与する』である。
 これを受けて、機械工学科では、以下の要件を満たす探求心と創造性にあふれた技術者・研究者たる人材の育成を教育目的としている。

 1)国際的に通用する機械工学の知識を獲得すること
 2)総合的かつ自主的な考察力と応用能力とを保持すること
 3)技術と倫理の結びつきならびに技術の社会的意義を理解すること
 4)人類の福祉ならびに現代社会が直面する諸問題に主体的に対応し得ること

教育目標(学習・教育到達目標)

 機械工学科では諸君が教育目的を達成するため以下に掲げる教育目標を定め、カリキュラムを編成している。この目標は、4年間の学修により諸君が達成しなければならない成果であるので注意するように。

 1)人類の幸福と福祉、エネルギーと環境、人間と社会などの調和を洞察できる能力を身につける。
 2)国際的な場で活用できる外国語の基礎的な能力を身につける。
 3)数学や自然科学の基礎の基に、工学的基礎に関する知識を身につける。
 4)機械工学の基礎知識を修得し、それらを問題解決に活用できる能力を身につける。
 5)機械工学の知識を総合的に応用して、工学的問題を自主的に分析し解決するデザイン能力を身につける。
 6)調査、討論、発表などを通じて自ら課題を発見し、それを解決する能力を身につける。
 7)自己の能力を主体的に生涯にわたって継続して向上できる能力を身につける。

ページトップへ△
鹿児島大学ホームページへ 鹿児島大学大学院理工学研究科ホームページへ