学修案内(シラバス)

工学部シラバスデータベース
データベースで、学修案内を検索することができます。
このデータベースは毎日 5:00AM〜6:30AM の間休止します。
この他にも、メンテナンスにより休止することがあります。

一年次必修科目

確率と統計基礎 A&B
講義の概要(目的と内容)
  社会をはじめ自然、工学等諸分野における現象を数量的にとらえるための統計的方法は、本質的に、繰返し観察して得られたデータを処理する方法である。例えば、工場において同じ方法で作られた製品を1つ1つ検査して、良否を定めたデータの処理方法を数学的な概念に基づき解析・整理することである。本講義では、そのような基本的な数学的概念を習得することを目的としている。
本講義では、JABEEの「確率と統計の基礎に関する知識」8コマ(正味12時間)授業する。 本講義は2つのクラスに分けて行う。クラス分けは授業開始前に掲示するので各自確認すること。
 
フレッシュマンセミナー I
講義の概要(目的と内容)
 「機械」が意味する内容は多岐にわたり、航空機、自動車、ロケット、ロボットはもとより、発電所などのプラントなども含まれる。「機械工学」は、これらのものを作るのに必要な学問分野の集大成である。例えば、自動車を考えてみると、安全なボディをつくるためには、軽く強い材料とその加工法の開発が必要であり、設計に当たっては、十分な耐久性や耐衝撃性を持たせるように各部の寸法を決めなければならない。材料力学、材料学、加工学はこれらのために利用される。また、高性能のエンジンは効率の良い燃焼を燃焼室やバルブの形状の工夫によって達成されているし、燃費や走行安定性の向上のためには、車体の空気抵抗を減少する必要がある。
熱力学、流体力学がこの分野で活躍する。さらには、機能を最適にするようにコントロールしたり、急ブレーキをふんでも横すべりしないようにするために制御工学がある。本講義は、機機工学科の教員各自の専門分野に関係した入門講義を通して、機械工学の概要を理解することを目的とする。
     
工業力学I及び演習 A&B
講義の概要(目的と内容)
 力学は力とそれによる物体の運動に関する学問である。したがって、ほとんどすべての機械工学の専門科目の基礎となる。本科目によって、力学における物理量と基本法則、及び力学現象への適用法を十分理解する必要がある。
 本講義では、JABEEの「運動と振動」分野の基本キーワード:≪運動の法則≫を4コマ(正味6時間)と個別キーワード:<質点の力学>について3コマ(正味4.5時間)、<質点系の力学>について3コマ(正味4.5時間)、<剛体の力学>について3コマ(正味4.5時間)の授業を行う。 本講義は2つのクラスに分けて行う。クラス分けは授業開始前に掲示するので各自確認すること。
 
フレッシュマンセミナーII
講義の概要(目的と内容)
 受講生は10グループに分かれて、機械や機械製品を分解し、それらの動きや特徴について考察する。分解する過程で、各部品のスケッチを行いその役割(部品の機能)について考察をしてゆく。簡単な機機でも、一つ一つの部品に固有の働きがあり、それらが様々な役割(機能)を分担することにより、機械や機械製品全体の働き(機能)が実現されることを学ぶ。また、機械や機械製品に直接触れることにより、2年次から学習する専門科目に対する興味を深めることも目的である。なお、部品スケッチ等は授業時間中に行うが、各部品の役割などに関する考察は各自授業時間以外でも行う。さらに、部品のスケッチや各部品の役割や機械や機械製品の働きに関する考察をレポートのまとめ、簡単な発表を行い、グループ討論を行うことを通して、総合的に文章力、発表能力等を養う。
 本講義の内容は、JABEEの[実験・卒業研究に関する保証時間]としての15コマ(正味45時間)授業となるが、それを通して教育目標 6)「調査、討論、発表などを通じて、自ら課題を見いだし、それを解決する。
    

博士後期過程

鹿児島大学大学院理工学研究科のホームページをご覧ください。
ページトップへ△
鹿児島大学ホームページへ 鹿児島大学大学院理工学研究科ホームページへ