片野田研究室

 私たち片野田研究室では,音速よりも速い超音速噴流の工業利用に関する研究を行っています.具体的には,高速フレーム溶射と呼ばれる超音速の燃焼流を用いるコーティング法の流体力学的な解析や,コールドスプレー(加熱した高圧ガスの超音速流を用いる最新のコーティング法)の数値シミュレーションや実験などです.その他,常温の高圧空気から動力を使わずにマイナス数十度の低温空気をつくることができるボルテックスチューブの研究や,平成22年に種子島から打ち上げられた超小型人工衛星KSATの熱設計などの研究も行っています.平成25年度にはKSAT2号機が打ち上げられる予定です.

研究室アピール

 研究室のメンバーは,平成24年度は博士後期課程2名,博士前期課程7名,学部生0名です.(平成24年度はFlorida State Universityに客員研究員として長期間滞在したため学部生は0) 学生は研究や毎週定例のゼミ,英語プレゼンなどで切磋琢磨し,日々お互いに高め合っています.先輩・後輩とても仲が良く,研究のみならずレクレーションや夏にはキャンプに出かけるなど,みんなで楽しい大学生活を送っています.学力よりも,熱意と行動力のある学生を歓迎します.
ページトップへ△
担当教員

片野田 洋 教授
所属 エネルギー工学コース 
片野田研究室(機械工学科2号棟3階)
専門分野 圧縮性流体力学
学位 博士(工学)(2000年)
主な研究 ○衝撃波を伴う超音速噴流の実験
○高速フレーム溶射の数値シミュレーション
○コールドスプレーの数値シミュレーション
○エアロゾルデポジションの数値シミュレーション
○ボルテックスチューブの作動原理の解明
○超小型人工衛星KSATの熱設計
所属学会 日本機械学会,日本溶射学会,日本航空宇宙学会
電話・FAX 電話 099-285-8250
E-mail katanoda@mech.kagoshima-u.ac.jp
※@を半角に直してください
URL http://www.mech.kagoshima-u.ac.jp/~katanoda/
 
主要論文・著   最新情報はこちら → http://kuris.cc.kagoshima-u.ac.jp/304501.html
1. "片野田洋,山本秀樹,松岡武司,松尾一泰,高速フレーム溶射ガンの流動特 性に関する気体力学的研究(第1報,貯気圧とバレル長さの影響),日本機械学 会論文集 B編, 72巻, 714号(2006年2月), pp. 271-278.
2. "H. Katanoda, T. Matsuoka, S. Kuroda, J. Kawakita, H. Fukanuma and K. Matsuo, Aerodynamic Study on Supersonic Flows in High-Velocity Oxy-Fuel Thermal Spray Process, Journal of Thermal Science, Vol. 14, No. 2(2005年6月), pp. 126-129.
3. "与那嶺牧子,山脇猛愛,宮里義昭,益田光治,片野田洋,松尾一泰,断面積一定の管内を流れる二つの亜音流れの中を伝播する圧力波,日本機械学会論文集B編, 70巻, 696号(2004年8月), pp. 1992-1998.
4. "H. Katanoda, K. Matsuo, Analysis of Particle Behavior in High-Velocity Oxy-Fuel Thermal Spraying Process, Journal of Thermal Science, Vol. 12, No. 3(2003年8月),pp. 279-282.
5. "権眞卿,与那嶺牧子,宮里義昭,片野田洋,益田光治,松尾一泰,先細ダクトを通る二つの亜音速流れの合流による複合チョーク,日本機械学会論文集B編, 68巻, 675号(2002年11月), pp. 2960-2967.
6. "Y. Miyazato, M. Yonamine, J.-K. Kwon, H. Katanoda, M. Masuda and K. Matsuo, Experimental Investigation on Compound Choking of Two-Subsonic Streams through Converging Ducts, AIAA Paper 2002-0513 (2002年1月), 7 pages.
7. "片野田洋, 宮里義昭, 則松康文, 白谷誠, 益田光治, 松尾一泰, 適正膨張超音速噴流中に置かれた円柱まわりの流れ(スートブロワ噴流のモデル実験), 日本機械学会論文集B編, 67巻, 663号(2001年11月), pp. 2687-2692.
8. "H. Katanoda, T. Handa, Y. Miyazato, M. Masuda, K. Matsuo, Effect of Reynolds Number on Pitot-Pressure Distributions in Underexpanded Supersonic Freejets, AIAA Journal of Propulsion and Power, Vol. 17, No. 4(2001年8月), pp. 940-942.
9. "H. Katanoda, Y. Miyazato, M. Masuda, K. Matsuo, Pitot Pressures of Correctly-Expanded and Underexpanded Free Jets from Axisymmetric Nozzles, Shock Waves - An international Journal, Vol. 10, No. 2(2000年 5月), pp. 95-101.
10. "片野田洋,宮里義昭,益田光治,松尾一泰,不足膨張軸対称超音速噴流の数値計算(ショックセル長さに及ぼすノズル広がり角とマッハ数の影響),日本機械学会論文集B編,61巻,589号(1995年9月),pp. 3236-3242.
学術賞  1. 日本溶射協会・高温学会奨励賞(2004年)
 2. 日本溶射協会奨励賞(2005年)
 3. 日本溶射協会論文賞(2008年)
 4. 日本溶射学会論文賞(2012年)
 5. Journal of Thermal Spray Technology Volume 20 Outstanding Review Paper, ASM International, 2012
発明・特許  1. 排気ガスタービン過給機の潤滑油シール装置(特開平9-189232,1997年)
 2. チタン皮膜およびその作成方法(出願中,2005年)
 3. HVOF溶射装置(特許登録第5098109号,2012年)
その他  

ページトップへ△
鹿児島大学ホームページへ 鹿児島大学大学院理工学研究科ホームページへ