田淵研究室

  実際に何かものを作る場合,材料を変形させたり,接合したり,不要な部分を除去したりと,様々な加工法が存在します.当研究室では,このような「ものを作るプロセス」についての研究を行っています.
 現在は主にCFRPと呼ばれる炭素繊維強化プラスチックを用いた複合高圧容器の製造プロセスに関する研究と,金属を傾けて切削加工する方法についての研究を進めています.

研究室アピール

 2016年5月に鹿児島大学に移り,スタートしたばかりの研究室です.まだスタッフはいませんが,一緒に研究室を立ち上げてくれる学生さんをお待ちしています.

ページトップへ△
担当教員

田淵 大介   助教
所属 機械システム工学コース
田淵研究室(機械工学科2号棟2階)
専門分野 複合材料,機械加工
学位 博士(工学)(2011年)
主な研究 ○CFRP高圧水素容器の製造に関する研究
○傾斜面切削に関する研究
所属学会 日本機械学会,精密工学会,複合材料学会
電話・FAX 099-285-8281
E-mail tabuchi@mech.kagoshima-u.ac.jp
※@を半角に直してください
 
主要論文・著
1. 田淵 大介,佐島 隆生,蓑田 愛:TPPを用いた多給糸FW法によるCFRP容器の開発,精密工学会誌,82巻4号 (2016年4月),pp.360-366
2. Takao Sajima, Hiroshi Murakami et al.: Precision Profile Measurement System for Microholes Using Vibrating optical Fiber,Sensors & Materials,Vol.24,No.7(2012年10月), pp.387-396
3. Daisuke Tabuchi, Takao Sajima et al.: Residual Stress of Hoop-Wound CFRP Composites Manufactured with Simultaneous Heating,Sensors & Materials, Vol.24, No.2 (2012年2月), pp.99-111
4. 三浦 崇寛, 田淵 大介ほか: 同時加熱成形法を用いたCFRPパイプ破裂強度改善に関する研究,精密工学会誌,77巻09号 (2011年9月),pp.856-860
5. Daisuke Tabuchi, Takao Sajima et al.: Development of a Filament-Winding Machine Based on Internal Heating by a High-Temperature Fluid for Composite Vessels, Sensors & Materials, Vol.23, No.6 (2011年8月), pp.347-358
6. Daisuke Tabuchi, Takao Sajima et al.: Development of U-anchor CFRP Rod Manufacturing Machine,Advanced Materials Research Vols. 168-170 (2010年12月), pp.2125-2128
学術賞  
発明・特許 田淵 大介,佐島 隆生,蓑田 愛:“複合容器の製造方法,および複合容器”,日本,特願2014-235755(2014年11月20日)
その他  

ページトップへ△
鹿児島大学ホームページへ 鹿児島大学大学院理工学研究科ホームページへ